フルマウス治療12年6ヶ月後

フルマウス治療をしてから12年6ヶ月経過後のケースです。

フルマウス治療というのはお口の中全体のことを考えて治療計画を立て行う治療のことです。

治療前の写真はこちら。

1
2
3

そして、矯正治療、審美歯科治療を行い12年6ヶ月後の写真がこちら。

4
5
6

下の歯の裏側に貼っているワイヤーはリンガルボンディッドリテーナーといって、矯正後に歯並びが乱れてくるのを防ぐための装置です。
下の前歯は歯並びの乱れが出やすい場所で、患者さんが貼っていても気にならないと言ってくださっているので、12年たった今でも張ったままにしています。